着物以外の衣料品買取

ブランド物の洋服は買い取ってもらえる?売るときのコツなど

このページでは服は服でも、着物などの和服の買い取りについてではなく、洋服の買い取りついてみていくことにします。



買ったはいいけど結局着なかった...という洋服は結構ありませんか? 試着せずに買う人に多いかもしれませんが、試着して買っても、家に帰ってきて見たらなんか微妙だった...というのはよくある話です。


また、合わせる服が無くて着られないパターンも多いですね。私なんかは柄物が好きで、ちょっと派手でも可愛いと思えば買ってしまうことがありますが、「これ、結局どこで着るの...?」状態になってしまうことは度々ありますw


若い頃は自分に似合う洋服がどういう系なのかいまいち分かっていなかったので、よくミスって買ってしまい、一度も着ないでクローゼットにしまったまま・・・という洋服もあったほどです・・・。


飽きっぽい人も洋服がたまりやすいですね。そのシーズンは可愛くて着ていたけど、飽きちゃって次の年には同じ季節が来てももう着なくなってしまった...なんてことがあります。ワンシーズンぐらいだったらまだまだ綺麗な状態だと思うのでもったいないですよね。


安い服だったら仕方ないなーと諦められるのですが、ちょっとお高い金額で買った服はショックですよね。1万円以上でもげんなりしてしまいます。そんな服はもったいないからなんとか買い取ってもらいたいですね。


今まで服の買取をしてもらった人は分かると思いますが、二束三文の値段しか付かないことが多いです。残念ながら...。しかし!買取強化しているブランドなど、人気の高いブランドであれば高値で買い取ってもらえることがあります。


買取強化アイテムについてはお店で宣伝していることも多いので、そのようなものをチェックするのが良いでしょう。HPなどで掲載しているところもあるので一度確認してみてください。見ると結構価格帯の安いブランドも強化していることが多いです。


高い服はある程度は高く買い取ってもらえる可能性がありますが、それよりは人気のブランドのほうが高く買い取ってもらえる可能性が高くなります。そして、お店によって得意なブランドがあったりします。


ただ、色々と比較して探すのは面倒だなーという人には郵送買取がオススメです。洋服を送るときの送料は無料で、金額に納得行かなかった場合でも返送してくれるのですが、その時の送料も無料、というところは多くなってきています。


ですから、とりあえず色んなところに送ってみて査定してもらうのが良いかもしれません。梱包キットなどを送ってくれるところもあったりするので、自宅に居ながらにして簡単に査定依頼が出来てしまいます。


質屋・リサイクルショップなどへ自分で持って行くのは正直面倒ですし、複数の店へ持って行って価格を比較する、、、なんてことをする人も少ないでしょう。店員さんの査定金額に渋々オーケーしてその場で売ってしまうことが多いです。向こうも商売ですからそのへんの買取値段交渉は上手で、素人ではなかなかうまく交渉できませんし、面倒になって妥協して売ってしまいがちです。その点、郵送での査定依頼であれば、面と向かって顔を合わせることがないので、価格に満足できなかった場合でも断りやすいです。段ボールに詰めて送るだけなので、手間要らずでカンタンですし。


洋服を売るときのコツなど


着なくなってしまった洋服...出来る限り高く買い取ってもらいたいですよね。少し気をつけるだけで買取金額は変わってきますから、査定に出す前にチェックしておきましょう。


まず、着ていない新品の服であれば洋服のタグははずさないようにして下さい。これが付いている=一度も着ていないということがわかるので、普通の査定額よりも高い値をつけてもらえることがあります。衝動買いしてしまって家に持って帰ってきてから着ることは一度もなかった・・・なんて場合には、とりあえずタグ外さないでおいたほうが買い取ってもらう時にはオトクってことですね。


また、着たことがあってタグを取ってしまったけど、保管してあるという場合も服と一緒に持っていくようにして下さい。ここのブランドだという証拠になりますし、販売する時にタグがあると買い手側からしても安心ですから。


次に出来る限り綺麗な状態で査定に出しましょう。同じ商品でも適当な袋にごちゃっと入っているのでは印象が悪いです。いくら新品のものでも「ああ、この人こんな風に雑に扱ってたんだなあ」と思われ、状態が悪いものと判断されてしまうことがあります。


一度来たものはクリーニングに出すのが一番良いのですが、そうするとお金がかかってしまうので、それはもったいないです。布の種類にもよりますが、自宅の洗濯機でおしゃれ着用洗剤を使って洗うなど、出来る範囲で綺麗にして、綺麗にたたんで持っていくようにしましょう。


そして最後に大切なのが持っていく時期を考えるということです。お店としては買い取ったものは直ぐに売って、あまり在庫は残したくないと考えています。ですから買い取った後に直ぐに売れるものを欲しがっています。


例えば春にコートを売りに行っても、冬まではまだまだありますから、買取価格が低くなってしまうこともあります。その時に何を欲しているのか、ということを十分に考えて売る事が大切です。シーズンの少し前から中盤ぐらいまでに売るのが一番よいです。


そのように考えると、正月に買う福袋などもそうです。福袋というのは買ったはいいけれど、自分の好みに合わない...似合わない...などで要らなくなってしまうことが結構あります。いっそ全部、袋ごとすぐに売ってしまえ!と思うかもしれませんが、そうするとあまりよい値段が付かないことが多いです。


というのもやはり福袋が不要になる人というのは多いので、買取依頼が正月に集中してしまいます。そうなるとどうしても買取金額が下がってしまいますし、どれだけ高い洋服が詰めてあっても福袋自体の価格で考えてしまうので、あまり良いお値段がつかなかったりします。


ですから、季節ごとにバラバラに買い取ってもらうのが良いです。そうすると福袋に入っていた商品なのかということが分かり辛くなりますし、お店の需要に合わせて売ることが出来るのでとても効率が良いと思います。


このように需要と供給を考えてリサイクルショップや買取店へ行くと意外な発見もあったりして、なかなか楽しいものですよ。




その他の衣料品買取

ブランド品のバッグ(鞄)は査定額が安定している?
毛皮を高く買取に出すために!どんな毛皮が高額で売れる?


人気着物買取店一覧

 

着物買取コラム

 

着物以外の衣料品買取

 

着物お役立ちコラム

 

和裁士さんにインタビュー

 

クレジットカード比較