着物お役立ちコラム

お通夜・葬式に喪服を着る時の着物選び

冠婚葬祭の場面で着物を着ることはあると思いますが、様々なしきたりがあり、よく分からずに困っている人は多いのではないでしょうか。洋服でも難しいぐらいなのに、着物となると普段着る機会が少ないだけに、本当にどうしたら良いのか困ってしまいます。


特にお通夜や葬式などの喪服の装いには注意しなければなりません。急に起きる出来事ですから、準備する時間もなく、出席の経験があまりないととまどってしまうこともあるかと。



まず、大前提として、亡くなった方を弔う式ですから、決して目立つようなことはしないようにして下さい。また、故人との関係によって着るものも変わってきます。


喪主や親族は無地の黒喪服に黒喪帯を合わせます。帯揚げ、帯締め、草履、鞄は全て黒のツヤのないものを選びましょう。親族以外の知人・友人はグレーや藍、紫、エンジなどの地味な色で無地の着物に黒喪帯を合わせます。


ただ、参列している方の中には「黒以外の服を着ているなんておかしい、常識がない人だ」と思う方も居るようです。また、特に親しい間柄であれば黒喪服でも良いのですが、親族でもないのになぜ黒喪服を着ているのか、と思う方も居るようです。


本当は着物のルールを知らないほうが悪いのですが、他人なのに葬式などにわざわざ着物を着てくるなんて、目立ちたがり屋だな...と思う人は割と多いのです。


昔のように着物が普通に着られていた時代であれば何の違和感もないでしょうが、今の時代、着物というのは珍しいものという認識が強いです。


ですから、普段から着物を嗜まれている方でも葬式などに参列する際にはあえて洋服で...という方が多いようです。地方によっては着物で参列することが普通だったりもしますが...なかなか難しいところです。




関連ページ

成人式で振袖を着る!振袖の種類・特徴
お宮参り・七五三の子供の着物(一つ身・四つ身)
入学式・卒業式の着物選びと袴について


人気着物買取店一覧

 

着物買取コラム

 

着物以外の衣料品買取

 

着物お役立ちコラム

 

和裁士さんにインタビュー

 

クレジットカード比較