着物お役立ちコラム

着物の歴史を時代ごとに解説

着物という言葉はそのまま「着るもの」、つまり服という意味でした。しかし、日本に洋服が伝わったことでその意味が変化しました。洋服・和服と区別されていましたが、和服=着物という意味になっていきました。今や着るものと言えば「服」という言葉で表していますね。


また、「呉服」という言葉がありますが、これは着物という意味だけではなく、織物(反物)を指します。


呉服は「くれはとり」と言っていて、「くれ」は「呉」の国を意味し、「はとり」は「はたおり」が変化したもので、そもそもは呉の絹織物を作る人々のことを指していました。そして読みやすいよう、音読みの「ごふく」と読むようになったのです。


海外ではそのまま「kimono」と呼ばれています。ただし、日本の着物だけではなく、東アジア圏で着られている前合わせ式の服のことをkimonoと指す場合もあります。


そんな着物なのですが、その歴史はかなり古いです。古い時代順に見ていきましょう。


着物の歴史


縄文時代・弥生時代からあったようですが、現在の着物とは形状が違っていて、筒型の布に腕を通す穴を開けたワンピースのようなものでした。


古墳時代ごろから中国や韓国との交流が盛んになり、それに影響されたデザインのものが着られるようになりました。中国の筒袖に、韓国のチマチョゴリのようなもので、男女ともに打ち合わせが左前でした。



平安時代になると遣唐使が廃止され、日本独自のものになっていきます。上級貴族の男性は「束帯」、女性は「十二単」などの優雅な着物を着ていました。一方の庶民は粗末な麻布で、活動しやすい簡素なものでした。


鎌倉時代・室町時代は貴族社会から武家社会に移り変わり、着物は簡略化され、動きやすい形になっていきました。武家の男性は「直垂(ひたたれ)」、女性は「衣袴」を着ていました。室町末期に現在の着物の原型が出来上がったと言われています。


安土桃山時代は華やかな文化が栄え、着物も豪華になっていきました。高度な織物や刺繍、摺り箔や辻が花と言われる絞りなどの技術が生まれました。この時代から武士も町人も小袖を着るようになっていきます。



江戸時代には町人文化が栄えてきて、デザインが洗練されてきました。帯の素材や模様、帯の結び方、髪型、小物など新しいものが生み出されました。友禅染や鹿の子絞りが生まれたのもこの時代です。


明治時代は西洋の文化が流れてきて洋装がどんどん普及していきました。ですが着物が廃れることはなく、大切な儀式の際や贅沢を楽しむおしゃれなものとして晴れ着の文化を形成していったのです。身分や家柄、職業で規制されていたものが無くなり、自由に楽しむことが出来るようになりました。


昭和時代は戦争があったこともあって、着物を手放す人も多く、どんどん着物文化から離れていくことになります。そして現代において殆どの人が洋服を着るようになり、着物は本当に特別な時にしか着ないものになってしまいました。しかもそんなシチュエーションの時、和服を洋服で問題なく代用出来てしまったりします...。


このままどんどん着物が廃れてしまうのは悲しいことです。日本独特の、日本の歴史を垣間見ることが出来る大切な文化です。これを後世に伝えていかなくてはいけないと思います。晴れの舞台には積極的に着るようにしてみたり、動きやすい、着付けやすい着物の着方を考えるなどして着物を身近なものにしていきたいものです。


着物の価値が高まっている?


そんなあまり着られなくなってきた着物ですが、最近では、外国の方々が着物に興味を持ったり、新品よりも安く買える中古着物人気が高まっていたり、着物リメイクを楽しむ若い女性も増えるなど、着物の価値が高まっていると言われています。


不要な着物があればものによっては想像よりも高額で買い取ってもらえることもあります。あなたにとってはもういらない着物であっても、世の中に必要と思ってくれる人たちがいるから着物買い取り業者は商売が成り立ちます。今は着物需要は大きいようです。


そして着物を売るなら古いものより新しいもののほうが高く売れます。必要ないのであれば早めに買い取ってもらいましょう。大切に着てきた着物を査定に出すことによって、巡りめぐってその着物が欲しいという人の手に渡ることを想像するとなんだか不思議な気分ですね。




関連ページ

着物の種類と格(礼装着・略礼装着・外出着・普段着)
袷(あわせ)単衣(ひとえ)薄物(うすもの)絽(ろ)季節感を考えた着物選び
男性の着物事情|礼装着・外出着など


人気着物買取店一覧

 

着物買取コラム

 

着物以外の衣料品買取

 

着物お役立ちコラム

 

和裁士さんにインタビュー

 

クレジットカード比較